1.555.555.555 info@yoursite.com
 

脱毛の際は目の保護のためにゴーグルをかけよう

腕の脱毛をする程度であれば、裸になってガウンを着用したりする必要はないです。ガウン自体は厚手のタオル地でとても清潔なものですので心配することはありません。施術の前は、シェービングが施されているかどうかの確認をし、また、ヤケド防止のためホクロにシールを貼ったり、目の保護のためにゴーグルをかけます。脱毛する際は、基本的にゴーグルをかけなければならないです。うつ伏せの場合には特にゴーグルはかけなくても良いのですが、タオルはかけます。準備が整えば、いよいよジェルを塗る段階に入ります。
ヒジを脱毛する場合は、まずうつ伏せで施術した後、次いで仰向けになりゴーグルを装着します。そして、シェービングの確認、ホクロの保護、タオルで目を保護する旨を、その都度呼びかけします。時折、大丈夫ですか?などと声をかけたりもします。こうしたスタッフの呼びかけにより、脱毛の施術においては、少しも不安になることも不快になることもないです。
ジェルを拭き取った後、冷えたタオルで施術した部位を冷却するのですが、このタオルはとても冷たいので驚かない客はあまりいません。この際にも、スタッフが声をかけます。そして、拭き取りを完了すれば、注意事項の説明とともに終了です。施術の当日は、お風呂に入ることは避けましょう。一般的に施術は大変丁寧です。なかには、脱毛サロンに関して悪い口コミもあるにはあるのですが、鵜呑みにしないほうが良いです。